パラグアイに行こう・ブログ

パラグアイに行こうのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
世界80ヶ国以上、一万店舗以上を有する世界屈指のピザチェーン「ドミノ・ピザ」が今年1月に開店しました。場所はマリスカルロペス通り、イーペル・セイスの近くで、近くにはライバルのピザハットがあります。店内は米国のマイアミ下町のようで今まで進出して来たチェーン店が高級感を出していたのに対して「庶民的」なのが印象です。庶民が気軽に来て楽しめる雰囲気を出しています。大きめのピザで6万グアラニ(約1200円)です日本ですと大体同じサイズのシンプルなもので2500円くらいしているようですのでそれよりは多少安いという感じです。同じ店内にバーガーキングがあり、食べるスペースは共用になっています。

ウェブサイト
スポンサーサイト
日曜日の昼に行ってみました。開店して間もなくという事で評判を呼び大混雑でした。もうしばらくしますと少しは空いて来ると思われます。

入口に入りますと待合室となっており、大勢の人が順番を待っていました。世界でこのチェーンがある主な都市を記しています。ロンドン、クアラルンプール、ソウルそして東京の名前もあります。

値段ですが割合と高目に設定されています。ただ味はパラグアイ風にはしていないで多分オリジナルの味に近いものを出しているように感じます。多くのものは米国から持ち込んでいるようです。






http://www.geocities.jp/paraguaykuma/yakitori-html.htm







09-TGI-02-001.jpg






09-TGI-02-002.jpg






09-TGI-02-003.jpg






09-TGI-02-004.jpg






09-TGI-02-005.jpg






09-TGI-02-006.jpg












日本を含む世界60ヶ国ほどで800店舗を展開する「T.G.I. Friday’s」がパラグアイでオープンしました。日本では約10店舗ほどが六本木、品川など東京を中心にあるそうです。

開店した店の場所はエスパーニャ通り沿いでカルメリタ・センターの向い、以前「シュガー」があった場所です。世界共通の赤と白のストライプのユニフォームを着ていますが、どう見てもパラグアイナショナルチームのユニフォームに見えてしまいますね。パラグアイでは人気が出るかも知れません。食べ物は世界共通のアメリカンスタイルとしています。米国風の料理をいただきながらビールもしくはカクテルをいただくという訳です。




09-TGI-FRIDAYS-003.jpg








09-TGI-FRIDAYS-002.jpg









09-TGI-FRIDAYS-001.jpg









09-TGI-FRIDAYS-004.jpg








paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)




エンカルナシオン市内には色々なレストランがありますが、現地の人に特に昼食に人気があるのが「あじさい」です。ビュフェスタイルで、重量、目方を計って幾らというスタイルです。

008-encar-001.jpg

008-encar-003.jpg

008-encar-004.jpg



人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)


8月上旬はイチゴの季節で多くの人が旬の味を求めてやって来ます。中心部を少し過ぎた辺りにイチゴの市が立ちます。ざっと20軒ほどのイチゴ販売店が並び壮観です。

大きな籠に1キロ~5キロ程度のイチゴを入れて売っています。値段は統一されており、今年はキロ8千グアラニ(約200円強)、皆さん親戚や友人の分も買うのか5,6キロは買っています。並べ方、販売方法にはそれぞれ個別の工夫があるよう、ジュース、ジャムなどの加工品を売っている店も多くありました。

008-ichigo-001.jpg

008-ichigo-002.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)



開店は2007年の11月30日、パラグアイには数軒のペルー料理店があり、そこで長年勤務していたパラグアイ人がシェフの店。ペルー料理14年のベテランなのだそうです。店の名前はそのままサボール・ペルアノ要するに「ペルーの味」です。場所も良く綺麗にしており、お客様と来ても良いと思います。

料理は海産物中心でアンティクーチョ等の肉料理はありません。4人前(160,000グアラニ:約4千円)というコースがありますが、これは最初にセビチェ、揚げ物そしてチャーファです。セビチェには色々と種類がありますが、お勧めはパラグアイで取れるスルビのセビチェ、揚げ物も各種ありますが、これは色々なものが入っているミストが良いでしょう。そしてご飯は「チャーファ」です。これはチャーハンと音が似ており、何でも中国人が広めたと聞いています。見た目も味も炒飯に似ています。

SENADOR LONG 847 C/ESPANA ASUNCION
TEL 0982-535-800
月曜日~土曜日 11:00~15:00 19:00~24:00
月曜日     19:00~24:00
日曜日     11:00~15:00 

08-peru-004.jpg


08-peru-006.jpg


08-peru-005.jpg


08-peru-003.jpg


08-peru-002.jpg


08-peru-001.jpg




人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)






営業時間が長く配達もしてくれるという便利なお店が「イル・マンジョーレ」です。肉料理もあり、入り易い雰囲気、駐車場が広い等の利点があり、人気があるお店です。場所はエスパーニャ沿い、セントロから空港方面に向かい、サン・ラファエル通りの交差点を過ぎカテドラル薬局の手前になります。
mangare-001.jpg

mangare-002.jpg

mangare-003.jpg

mangare-004.jpg




人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)






喫茶店・アイスクリーム店の激戦地区であるエスパーニャ通りに小奇麗なアイスクリーム店が開店しました。綺麗なお店で半分がアイスクリーム・喫茶店、右半分は自社製品の直売店になっています。直売店では乳製品などを販売しています。
07-blog-atarasii-kissaten-001.jpg

07-blog-atarasii-kissaten-002.jpg

07-blog-atarasii-kissaten-003.jpg



人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)



最近クラウン・プラザホテルの昼食バイキングが人気です。場所は地上階に在るメインレストランです。高級感があり、ビジネス客によく利用されています。後ろに駐車場があり、安心であり、セントロ地区で食事をされる場合にはお勧めです。

毎日行なっているそうで、値段は44、000グアラニ(デザート込み)、飲み物を入れて大体5万グアラニ程度、大体日本円にして千円強です。他のレストランと比較してそれほど高いという訳ではなく、味も良いので人気です。

この日の料理はトマト味の牛肉料理、ブロチェと呼ばれる串焼き、魚のグリル、パスタ、赤カブの煮込み、アスパラグアスのスープなどです。バリエーションが多くどれも味が良く、またレストランの人が全ての料理を管理しているので、料理の状態が何時も綺麗です。

07-blog-crown-hiru-001.jpg

(写真:昼食の様子)



07-blog-crown-hiru-002.jpg

(写真:牛肉のトマト煮込みナポリ風)

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)





よく昼ごはんとして韓国食堂に行きます。何を食べるのか、長い間通っていますと意外に選択の幅が少ない事に気が付きました。韓国の食事を一人で行きますと大体がスープを食べる事になります。スープの種類と言いますと韓国版・味噌汁のティンジャンチゲ、キムチ味のキムチチゲ、豆腐が主体のソンデブ、辛いスープのユッケジャンそしてソルノンタンくらいしかありません。材料も違えば手間も違うのですが、何故か韓国食堂は定額どれを食べても同じ値段という食堂が多いのです。日本食ですと例えば立ち食いのうどんでもメニューの場流エーションは大変なものです。素うどん、たぬきうどん、きつねうどん、天婦羅うどん、天玉うどん、それぞれの大盛りとテンカス、揚げ、卵、天婦羅だけの材料でメニューは沢山になります。値段も中に入れるものが多くなると高くなる仕組みでこれが当然であると思っていました。韓国はこれに対して定食は幾らという形式が多いのです。食堂によりますと値段が書いていない所もあります。馴染みになりますと値段が分かっているので必要ないのでしょう。よく行くペルー通りに面しているチョンギワという食堂、開店するとずっと営業しているので午後の中途半端な時間、午後3時頃によく利用します。ここの定食は現在は2万グアラニ、約400円です。15,000グアラニで食べ放題という店もありますので、少々割高な印象はありますが味は確かで気に入っています。

以前はよくユッケジャンを注文していました。具が多く中身たっぷりで同じ料金を払うのであれば得と考えていたからです。しかしながら毎回こればかりですと飽きて来ます。次に凝ったのが豆腐のソンヅブです、健康的で良いのですが、今ひとつパンチ不足です。次にティンジャンチゲをよく食べていました。味噌汁韓国版ですが、日本とは違いこれがメインデッシュです。もう一つの違いは熱い入れ物に沸騰させて出て来ます。名古屋の味噌煮込みうどん的な発想です。しかしながら味噌汁がメインというのもピンと来ません。最近はソルノンタンを好んで食べています。ソルノンタンは漢字で書きますと雪濃湯となります。雪のように白い濃厚なスープという意味でしょう。中身は白濁したスープに肉が少々、多くの場合日本でホルモンと呼ばれるモツが入っています。そして麺が少々、これは店によって入っている麺の種類は異なります。そして上に刻み葱が入ります。出てくる時には沸騰してぐつぐつとした状態で出て来ます。今まで敬遠していたのは中身が少ない事と味が無いのです。味はお好みで付けるのがこの料理のルールのようで、塩も何も入っていません。大体の場合には塩と胡椒、そしてコチジャンという唐辛子の練ったものが添えられて来ます。これを自分の好みで味を付けて食べるのです。

見た目は非常にシンプルで味も無いというので今まで余り注文しませんでしたが、これは逆に色々な味を楽しめるものであると気が付いたのです。最初は何も入れないでスープを啜ります。沸騰して出て来るくらいなので、とにかく熱く濃厚なスープが口に広がります。味付けが何も為されていませんので、スープそれ自体の味を楽しめます。その後に少し塩を加えます。調理する段階で塩を入れて煮るのと、少し塩を加えて食べるのとこれ程違うとは知りませんでした。何と言いますか「塩が乾いている」のです。スープと一体になり切っていない微妙な塩味を楽しむ事が出来ます。そして次に少々胡椒を入れます。風味が全く変わります。半分くらいになりますと塩を少し増やし、その上にコチジャンを入れてかき混ぜます。そしてそこにご飯を加えるとこれまた全く別の料理です。少しづつ量を加え味を調節しながらいただきます。このように食べますと「今日はこうやってみよう」と食べる前から楽しみになります。例えば塩を加えずに最初からコチジャンを入れるとか色々と試せます。韓国人がこのようにして食べているのかどうか分かりませんが、一番味を楽しめる料理であり、癖も無いので飽きない料理であると気が付きました。あっさりしていますので、お昼にはぴったりですね。


blog-solonontan-002.jpg

(写真:ソルノンタン定食:2万グアラニ)

blog-solonontan-001.jpg

(写真:沸騰して登場ソルノンタン)

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)

昼食は毎日、週日、週末とも15,000グアラニ(400円弱)で肉無し食べ放題のサービスを行なっています。肉が無いと言いましても肉が入っている料理は沢山あり、野菜中心の料理が楽しめます。この日曜日に行ってみましたが、満員でした。チャーハン、水餃子、カレーライス、皿うどん、揚げ物、海苔巻き、各種サラダ、キムチ等が並んでいました。十分だと思います。韓国人ばかりでは無く、中国人、日本人中にはパラグアイ人だけのグループも居ました。
07-seoul-figan-001.jpg

07-seoul-figan-003.jpg

07-seoul-figan-002.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)








この数年洒落たカフェが増えているアスンシオンですが、アルゼンチンの老舗のカフェテリア・・チェーンが進出して来ました。創立90年、アルゼンチン国内に128店舗を有する「ボナフィデ」で、コーヒーを自社銘柄で販売している他、飴とチョコレートも販売しています。アルゼンチン以外では初の店舗という事のようで、高級感溢れる店内では各種のコーヒーを楽しむ事が出来ます。

場所はエスパーニャ通り沿い、セントロからカルメリタセンターの少し手前、アメリカンスクールの向かい側です。近くには多くのライバル(ハバナ、カリメリタセンター、シュガー等)がひしめいています。外はテラスになっており、天井は高く豪華さを演出しています。値段も高くコーヒーが1,5000グアラニというものが多くあります。現在の換算では1円が約40グアラニ強ですので、約350円という事になり、日本の喫茶店並の値段という事になります。

カプチーノなどお馴染みのメニューの他にアイスコーヒーというのがありましたので、注文してみましたが、日本のものとはかなり異なるものが出て来ました。以前では考えられなかった「コーヒーを冷たくして飲む」というものがメニューに登場しただけでも時代の変化を感じます。

bonafide-001.jpg

bonafide-003.jpg

bonafide-006.jpg


bonafide-005.jpg




人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)



店の名前は「チョンオンカドゥン」日本語にしますと「草原の大きな家」とでもなるのでしょうか、余り良く判らないネーミングです。場所はミニ中華街の一角、中国料理店の桃源飯店の隣です。下の写真の通り桃源飯店の看板の直ぐ隣がこのレストランの入り口です。人気中国料理店の隣で商売するとは考えたものです。


住所: FUIGENCIO R.MORENO 1753
電話:220-753
営業時間 11:30~~23:00(休み無し)
2007-kankokuryouri-001.jpg

2007-kankokuryouri-004.jpg

2007-kankokuryouri-002.jpg

2007-kankokuryouri-003.jpg





人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)










アスンシオンには立派なレストランがあり、一方では庶民的な食堂がありますが、中間のある程度安く綺麗な食堂が少ない印象があります。昼飯屋・ガラーヘは朝から夕方までの営業で人気を集めています。昼は毎日平日は定食となっており、おかずにご飯、マッシュポテトそしてサラダを盛り付けて1万グアラニ(約250円)という手頃な価格です。

ELIGIO AYALA CASI RCA.FRANCESA
TEL-206871
営業時間:07:30~17:00

今日は人気メニューのハンバーグを注文しました。「何を付けますか?」と聞かれましたので、3種類全部を少しづつと注文しますと下の写真のように盛り付けてくれました。

2007-GARAGE-001.jpg

2007-GARAGE-004.jpg

2007-GARAGE-003.jpg

2007-GARAGE-005.jpg

2007-GARAGE-002.jpg



人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)




ハーゲンダッツという米国の有名なアイスクリームがあり、日本でも販売されています。ここアスンシオンでは喫茶店チェーンとしてアルゼンチンから進出している「ハバナ」が独占販売を始めました。

haagen-shou-002.jpg



haagen-shou-001.jpg




人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)









住所:AV.PERU 1090 C/RCA. DE COLOMBIA
TEL: 226-796
営業時間 10:00~22:30 (無休)

チョンギワはペルー通り沿いにあり、以前「韓一館」という韓国料理店があった場所で、オーナーが代わった際に店名も変わった食堂です。現在のオーナーは以前「食堂・徳順(シクドン・トクスン・イ・ネ)」を経営されていたご夫妻でご主人は姜昌永さんという名で非常にサービス精神旺盛な方です。外観は「韓一館」の時と全く同じですが看板だけが掛けかえられています。チョンは青、ギワは瓦の意味で「青い瓦」の意味になります。

お勧めは肉であれば「ブルコギ」そして冷麺(ビビンネンミョン)スープ類も美味しいです。ユッケジャン(辛いスープ)ソンデク(もつ煮込み)ソルノンタン(白い肉のスープ)などがあります。メニューを見ますとハングルで「トンカツ」と書かれているものがあり尋ねてみますと日本料理の豚カツなのだそうです。

2007-CHONG-001.jpg

2007-CHONG-002.jpg


この日はユッケジャンを注文しました。以前徳順の時代には餃子スープを好んで食べていましたが、現在は作っていないとの事でした。また当時は小皿が多い時で13皿ありましたが、今日は9皿でこれ以外には無いとの事でした。値段も当時は大体12,000グアラニであったのが、今日のこの定食は2万グアラニで邦貨に換算して750円と決して安いものではありませんでした。ただ味は以前と同様になかなかのもので、美味しくいただきました。

2007-CHONG-003.jpg




人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)








食の方ですがなかなか良いレストランは無いようです。中心部にあるレストランに入りましたが、料理が出て来るのに55分かかりました。注文があってから材料を買いに行っているのではないかと思います。ほとんど外食する人が居ないのかも知れません。

ここのお勧め料理はここで取れる魚とハムなどを一緒に揚げたものなのだそうです。確かに美味しかった。値段は22,000グアラニ、約450円です。この街からするとかなり高いものだと思います。


06-PILAR-003.jpg



06-PILAR-004.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)


住所:BATILANA 1345 C/ ANA DIAZ
電話:208-872
営業時間 18:00~~23:00 (日曜日は休み)

店の名前は「ソウル会館」、今までの韓国料理とは異なる点は
1・バイキングになっている。
2・店が綺麗で清潔
という点にあります。

場所は韓国料理店が集中している場所にあります。オーナーは7年前まで以前ミニ中国人街の現在は龍鳳楼のある場所で韓国料理店を営んでいました。料理は美味しくよく通いましたが、ほとんどお客はおらず、客は当方が一人だけという状態が多かったのです。商売替えをするので店をたたむと説明し、その後は小さな小売店を経営したそうですが、今回は作戦を変更しての再挑戦です。なお、ご主人のお名前は全炳杓さんと言います。日本人にとっては料理店が会館というのは違和感がありますが、韓国ではよくある名前です。例えばソウル中心部にあるビビバップの老舗は「全州会館」です。発音は「フィーグァン」となります。

値段は一人38,000グアラニ、約800円です。飲み物は別です。肉は自分の席に持って来ますと煙の出ない特殊な装置が付いた焼肉器で焼きます。炭火の強さも調節が可能です。

肉は色々な種類があり、選んで食べます。勿論食べ放題です。サラダやキムチの種類も大変なものです。ご飯は炊飯器が置いてあります。西瓜やパイナップルそしてフルーツポンチとフルーツもあり、デザート付き、そしてコーヒーを自由に飲む事も出来ます。


韓国人は勿論、口コミで日本人、中国人そして現地の普通の人の姿もありました。一般のパラグアイ人の人気を得る事が出来ればレストランの人気は不動のものと言えるでしょうね。

2006-seoul-003.jpg



2006-seoul-002.jpg



2006-seoul-003.jpg



人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)







MEDIALUNAS CALENTITAS
LILIO 1418 ESQ/DR.MORA
TEL 669-981
毎日 08:00~22:00 基本的にはお休みは無し

最近は色々な喫茶店チェーンが登場してますが、こちらはメディア・ルーナスすなわちクロワッサンが売り物の喫茶店です。何でもウルグアイのプンタ・デル・エステで人気を集めているお店なのだそうで、ブエノスアイレス、モンテビデオ、ポルトアレグレと店を拡大させ、アスンシオンでも新たにチェーン展開するそうです。話を聞きますと近々マリスカル・ロペスとベネスエラの交差点近くに第二店を開店するそうで、こちらも市内各所でお店が見られるようになるかも知れません。アスンシオンは喫茶店開店ブームという感じです。

人気のクロワッサン以外にも色々なおやつがあり、家族連れや女性客に人気のお店です。少々甘いという気もしますが、こちらの人には丁度良い感覚なのでしょうね。

名物のクロワッサンを注文したところ、モチモチしたものが出て来ました。食べてみるとなるほど美味しい、人気があるのが理解出来ます。ここで食べる人だけではなく、持ち帰る人も多く居ます。



2006-medialuna-001.jpg



2006-medialuna-003.jpg



2006-medialuna-002.jpg




人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)




アスンシオンで人気の中国料理のお店「シャングリラ」は昼はバイキング、夜は一品料理です。昼はある程度のものは出していますが、本格的に食べるのであれば夜に行くのが良いようです。料理の値段も違いますが内容は全く異なります。

そしてデザートが意外に美味しいのです。中国風のデザートもありますが、お勧めはアーモンド・アイスクリームなるものです。アイスクリームのとアーモンドが絶妙のハーモニーで美味しいですね。2006-leeen-001.jpg



2006-leeen-002.jpg



人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)





昼食で最もいただくのは中国料理です。会社の近くにミニ中国料理街(数軒ですが・・)がありますので、そこに行って食事をすることが多いのです。日本人に一番人気があるのが「福星」という「うどん」が名物の店です。ご主人は山東省出身の方です。

よく行くのが「龍鳳楼」という店です。こちらの皆さんは広東省から来た人達で、勿論広東語を使っています。北京語の場合には「お勘定」は「トウショオチェン」多少銭?と言いますが、広東語では「ケイトウチン」と言います。さようならも「ツォイギン」と言うのだそうです。

さて、このお店の名物は叉焼です。これがたくさん乗った「叉焼湯米粉」が好物で必ずこれをいただきます。アスンシオンにお越しの際には試してみて下さい。

bon-001.jpg


もう一つ美味しくお勧めなのが「水餃」です。

bon-002.jpg



人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)

イタリア風の本格的なピザが食べられるお店として有名なのが「ブオングスタイオ」です。営業は夜だけで昼はやっていません。
MCAL LOPEZ 5.200 ESQ.R.C.3.MONJELOS 
TEL 604-523
営業時間:月曜日~金曜日 19:00 ~ 24:00
土曜日・日曜日・祝日   19:00 ~ 01:30
レストランの内部はイタリア料理店らしい作りになっています。イタリアの国旗やローマの写真が飾られていて雰囲気を出しています。

お店のオーナーらしいおばさんが居ましたので話をしてみました。

当方:「今日はお客が少ないね」(他に誰も居ない・・)
店側:「まだ時間が早いからね」
当方:「何時もこんな感じなの?」
店側:「最近はめっきりお客が減ったよ、ここだけではなくてどこでもね」
当方:「どうして?」
店側:「どうしてって、皆スーパーやショッピングの食堂にいっちまったからね」
当方:「安いから仕方が無いよ」
店側:「味なんかどうでも良い人が多くて皆あっちへ行くのさ」


BLOG-buon-001.jpg


BLOG-buon-001.jpg


BLOG-buon-001.jpg


ピザ職人は生地から作ります。

buongusto-005.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)






ドン・ヴィトのお店が市内各所に出来ており、エンパナーダでは一人勝ちの様相となっています。種類も多くお値段も手頃とあり、ハンバーガー等を抑えて持ち帰り軽食の王様的な存在に躍進しています。

今日も数名で打ち合わせがあり、友人が用意したのがこのお店のエンパナーダ、見かけは丸い同じ形状ですが、種類は千差万別、肉、鶏、玉子と言った定番から、ナポリターナ、とうもろこし、チレーナなどというものがあります。

売れているので新商品の開発にも力を入れて行くと思います。今まで無かった新しい中身のエンパナーダが登場するのではないかと期待をしています。



donvito-001.jpg


donvito-001.jpg



人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)





ショッピング・デル・ソルでは最近外に喫茶が出来ています。洒落た喫茶店そして伝統的なコシードなどを出す店等数店舗あります。ショッピングが店主体から次第に食事・喫茶にシフトしているように感じます。

数年前まで喫茶店らしい店がほとんど無かったアスンシオンですが、最近は綺麗なくつろげる店が多く出来て様変わりです。

takeuma-003.jpg



takeuma-004.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)


アスンシオンの隠れた名物は「アイスクリーム」だと思っています。牛乳も砂糖も卵もふんだんに在るパラグアイ、材料を贅沢に使えば確かに美味しいものが出来ますね。

幾つか有名なアイスクリーム店がありますが、比較的新しく高級感で売っているのが「フレッド」です。本店はブエノスアイレスに在るようで、アスンシオンのお店はその支店のようです。

場所は新しい小型のショッピング「カリメリタス・センター」の正面です。昨年開店当時は何時も人で一杯でしたが、今はかなり落ち着き何時でも空いています。若干他の店よりも高いので数回来て慣れると他に言ってしまうのでしょう。

小奇麗で気持ちの良いこのお店、コーヒーもなかなか美味しく、ゆったりとした時間を過ごす事が出来るお勧めスポットです。

fred-002.jpg



fred-001.jpg


そして最近ではマリアスカル・ロペスショッピングに支店が出来ていました。場所はライバルの「ハバナ」の直ぐ隣です。

nagaishi-006.jpg


a href="http://blog-imgs-29.fc2.com/t/a/n/tanakapy02/fredo-034.jpg" target="_blank">fredo-034.jpg



人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)<
簡単に手軽に食べられるものの代表は世界的には何と言いましても「ハンバーガー」でしょう。米国生まれのこの食べ方は世界を席巻しています。どこで食べても大体同じようなものが出て来るという安心感もあるように思います。二大チェーンは「マクドナルド」と「バガー・キング」です。当地では最初に「バガー・キング」が進出して来て、その後マクドマルドが出て来て、一時はバガー戦争のような感じでマクドナルドが対抗上、既存のバガー・キング店の近くに出店する事が多かったのです。最近はひと段落してマクドナルドも不採算店を整理して安定して来ました。ただ当初の爆発的な人気は無くなりました。

ハンバーガーは世界各地で大体同じような値段で売られていて。当地では相対的に見てハンバーガーは決して安いものではありません。半額以下でお腹が一杯になるものが多くあり、人気が低迷するのも価格競争からという点が一番です。

burger-001.jpg


burger-002.jpg



人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)


アスンシオン市内には以前は喫茶店というものはありませんでした。最近は色々なお店が出来ていますがその中でエレンガトな喫茶店として人気があるのが「ハバナ」です。

同名のアルゼンチンの喫茶店のアスンシオン進出と思うのですが、市内に数店舗あり、アスンシオンにも喫茶店文化が花開いています。市内の喫茶店の数はまだまだ少なく名古屋の「コメダ珈琲店」でも進出すれば繁盛すると思いますね。


HAVANA-002.jpg


HAVANA-002.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)



シャングリラという中国料理店が大繁盛しています。昼はバイキングなのですが、一杯で席を確保するのも大変な程です。人気の理由は幾つかあるのでしょうが、その中で当方が気に入っているのが「蒙古烤肉」です。日本風に言えば「モンゴル風バーベキュー」となります。

モンゴル料理というのではなく、材料、調味料を自分で選び料理してもらうというものです。当然ですが、全て一回だけの料理となります。選べる食材の種類は相当あり、二度と同じものは出来ないという感じです。

mouko-001.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)


両親が横浜の人間であったことで、小さい時によくシューマイを食べました。当時は「博雅のシューマイ」というのが定番で、独特の臭いがあり、慣れないと食べ難いものでした。東京や地方の人には癖の無い崎陽軒の方が好まれていたようです。

当地に来てアスンシオンではなかなか美味しいシューマイに出会う事が出来ずに居ましたが、エステ市の「東方飯店」に昔横浜で食べたようなシューマイに出会いました。エビが上に乗っておりなかなかのものです。

DSC02609.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)




最近アスンシオン市内で目立つのがこのお店です。チェーン展開しているようで街の各所にあります。

何か買って来て食べるとなりますと米国では「ハンバガー」日本では「お寿司」というのが定番でしょうが、当地では「エンパナーダ」という事になります。大体3,4個食べるとお腹が一杯になり、お腹の状態で外食べる個数を調整出来ます。ちょっとしたおやつにも最適です。

以前からエンパナーダはありますが、このお店では丸めでふっくらしたエンパナーダが特徴で、種類も多くお値段も手頃な設定にしているので人気が高いのでしょう。

オーソドックスな肉、鶏は勿論、とうもろこし、チレーノと呼ばれるチリ風、マンジョカ味と取り揃えています。空腹の時には5つくらいは行けますが、色々な種類を買えば、違った味を楽しむ事が出来ます。

2006-donvito-shou-001.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。