パラグアイに行こう・ブログ

パラグアイに行こうのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




1・日曜雑貨
日本の風呂用品特に網状の体を洗うタオル
洗濯する際に靴下等小物を入れる網状の袋
歯ブラシ・特に先が小さく硬いもの
ベビー綿棒(当地の綿棒は大きい)
歯磨き粉:普通のものは売っているが「つぶ塩」のようなチューブ入りは無い
香取線香(当地にもあるが日本のものは品質が違う)
化粧水(液体なので注意)

2・文房具
普通の鉛筆:南米の鉛筆は品質に問題。
シャープペンシル(特に太めの0.7、0.9:当地でも売っているが性能に問題、芯は売っている)
ホッチキス(当地のは大型で使い難い:針は売っている)
消しゴム(特に大きいのが良いでしょう。):当地の消しゴムは消えません。
ファイル(名刺入れなどの特別なもの)
A4の薄いノート:こちらのは厚めのものしか無い
この他日本の文具のレベルは高いので便利だと思ったものは持参されると良いでしょう。

3・衣類
下着類
靴下
スーツ・ワイシャツ(青山などで購入すると良いでしょう)
革靴:日本人の足は幅広なので当地の靴だと合わない

4・薬品
整腸剤(ビオフェルミン、正露丸など)
目薬(Vロートなど)
虫除けスプレー
ムヒ(スッティク状):これは土産にしても喜ばれるでしょう。
お部屋の4角にチュッとするだけで蚊に刺されない空間を作るスプレー(アース製薬):これは土産にしても喜ばれるでしょう。
サロンバス
オロナイン、キンカン
冷却ジェルシート

5・食品
缶や瓶に入っているものは出来るだけ避ける。液体は無理。量販店で売っている業務用の大きなアルミ袋に入っているものが良いでしょう。
(出来れば業務用)
昆布茶
中華あじ
ほんだし・昆布味:普通のほんだしは売っている。昆布味があると鍋物に使える。
カレー粉:ルーは嵩張るのでカレー粉を持参して料理すると良いでしょう。
杏仁豆腐の素
海苔(普通のもの・味付け海苔)
抹茶(飲むのにも、アイスクリームにも)
昆布(嵩張らない、持つのである程度持参すると良いでしょう)

袋入りのインスタント食品
たらこスパゲッティの素
麻婆茄子の素
浅漬けの素、漬物の素
ふりかけ・お茶漬けの素(売っていますが、種類は少なく高いです)
など

6・日本人・日系人へのお土産
普通にスーパーで売っている菓子や上記のようなインスタント食品など上記のものを参考にしていただければ良いでしょう。

※ よくお土産でいただくもの:虎屋の羊羹、日本茶、わさび漬け、高級和菓子(入れ物が大きく中身が少ない)、佃煮など
これはこれで嬉しいのですが、もっと実質本位のものが喜ばれると思います。

雑誌・漫画:成田の書店で週刊誌(週間ポスト、現代、、新潮、文春、アサヒ芸能、大衆、サピオ、など)、漫画雑誌(ビックコミックなど)を旅行中に読みそのまま日本人一世に渡すと喜ばれます。(これは嬉しいです)

ムヒ(スティック)や蚊取り線香なども良いでしょう。


参考・当地で手に入る日本食
インスタントラーメン、カップ麺(ブラジル製の日清、韓国製が多く出回っている)
日本米、豆腐、納豆、油揚げ、塩辛、味噌、醤油、さつま揚げ、こんにゃく(パラグアイで作っている)
日本で売っているような野菜(長ネギ、白菜、もやし、茄子、大根、ごぼう、茗荷、など)簡単に手に入ります。
日本酒、みりん、海苔の佃煮、米酢、ほんだしなどはブラジル製があり、それほどは高くないです。(酒、みりんなどはブラジルで三菱系の東山農事が作っています。)
せんべい、ふりかけ、お茶漬けの素、カレールー、つゆの素、等は日本製がありますが高いです。(永谷園お茶漬けとステーキ一枚が同じ値段)
そば、素麺、たくあんなどは韓国製がそれほど高くなく手に入ります。
日本のものではありませんが、肉まん、あんまんは中国人が作っています。(個人的に好きなのでよく食べます。)
うどんは売っていませんが、イタリア料理用の生麺は普通に「うどん」として使えます。
なお、割り箸:たくさんあります。普段使う塗り箸、客用の箸は持って来る方が良いでしょう。

電化製品
ほとんどの電化製品(電気釜、電気プレート、ポット等)は売られています。



http://www.geocities.jp/paraguayooit/tabi-003.html







スポンサーサイト

毎年1月と7月の2回、パラグアイの日系社会持ち回りで少年野球大会が開催されています。今年は1月の大会がアスンシオンで開催されました。カテゴリーが2つあり、「小学生」が満13歳まで、「少年」が満16歳までとなり、暦年で計算します。今年の大会は少年が1995年1月1日~1997年12月31日まで生まれた子供でそれ以上は上のカテゴリーとなる 「青年」となり、1998年以降に生まれた人は小学生となります。人数が足りない等の理由で小学生カテゴリーの子を少年に入れる事は自由です。

開会式はビジャエリサにあるアスンシオン日本人会グラウンドで午前9時からパウロ・リチャードスポーツ大臣が列席される中開催されました。パラグアイ最大新聞「ABCコロール」においてパラグアイ野球連盟の大会として紹介されました。要するに日系の大会というだけでは無く全パラグアイの野球大会という位置付けです。

地方から来るチームは前日の夜に出発し夜中走り続けてやって着ます。到着すると直ぐに開会式、そして試合とハードな一日ですね。各チームで何語で話をしているのか傍で聞いてみますとアスンシオン、エンカルナシオン都市二チームはスペイン語、移住地のピラポ、ラパス、イグアスは主に日本語、そしてアマンバイはポルトガル語でした。ペドロファンカバジェロではスペイン語よりもむしろポルトガル語が日常語として使用されているのです。また非日系の中国系、現地の普通の方も増えて来ています。

優勝旗を見てみますと贈・岡林洋一とあります。岡林さんはヤクルトで1991年~1994年の間は毎年10勝以上を挙げ、チームのエースとして活躍されました。生まれはイグアス移住地で当地の少年野球で活躍され、14歳の時に高知県に引っ越しをされ、高知商業、専修大学を経てヤクルトに入団されました。1992年は15勝を挙げ西武との日本シリーズでも大活躍、その粘りは「パラグアイ育ち」にあるとされ、テレビの中継では「パラグアイの岡林」とのコメントを受けていました。時にはスペイン語で寝言を言っていたという逸話もあり、同世代には「パラやん」と呼ばれていたそうです。現在はヤクルトのスカウトとして活躍されています。ここに参加している少年たちの大先輩で、この中から第二の岡林が出て来るかも知れませんね。

大会は2日間の日程で行われ、初日の夕食は歓迎会となります。各地から集まった選手、父兄、関係者が一堂に会する大食事会です。初日ビジャ・エリサの日本人会グラウンドを使用したのはここで歓迎会を行う為でもあります。ただ翌日の少年の試合は朝7:30からで、試合が行われている時には既に準備にかからなければなりません。アスンシオンチームの選手の父母だけで準備を行うので本当に大変です。お父さん達はアサードを準備します。通常のアサードを焼く場所だけでは到底足りないのでアサードを焼く器具を幾つも並べての作業です。この日は最高気温が40度近くにまで上昇、その中でのアサードを作りは大変です。

初日はビジャ・エリサに在るアスンシオン日本人会グラウンドで開催されましたが、広さの関係で少年はカピアタにある天理教のグラウンドで開催されました。フェンスもある本格派の球場です。アスンシオン少年チームは選手が10人なので小学生を4名入れています。少年は小学生のカテゴリーでは参加しなかったアマンバイチームも参加し、7チームが2つの組に分かれて戦いました。第一球場ではアスンシオン、ピラポ西、アマンバイの3チーム、第二球場ではラパス、エンカルナシオン、イグアス、ピラポ東の4チームが戦いました。それぞれの勝者が最後に決勝を行いイグアスチームが優勝を飾りました。

001-yakyuu-002.jpg

(写真)アスンシオン少年チーム


001-yakyuu-001.jpg

(写真)アスンシオン少年チームの攻撃

少年野球・アスンシオンチーム







4年目となりすっかり恒例行事という印象の高知県人会館の「よさこいバザー」、都道府県単位では北海道の「どさんこバザー」と共にアスンシオン日系社会の中ですっかり定着した印象があります。定番の焼きそば、ヤキトリ、うどん、巻き寿司、春巻き、餃子、たこやき等の他にサンマ焼きなどもあります。天気にも恵まれ多くの人で賑わっていました。


011-kochi-001.jpg

会館
011-kochi-002.jpg


011-kochi-005.jpg


011-kochi-003.jpg


011-kochi-006.jpg






運動会は1970年に始まり現在まで続いているのだそうです。日本人会・日本語学校運動会という名称で行なっている通り、日本人会員と日本語学校の合同運動会という事になります。ただ、子供の比重が大きいので学校の運動会という雰囲気です。アスンシオン日本語学校の
他にはアスンシオン日本人学校と日本パラグアイ学院の生徒が招待されています。

内容は日本の伝統的な運動会です。玉入れ、綱引き。リレーなどの競技を紅白に分かれて競います。運動会というのは小さい時には余り深く考えませんでしたが、確かに日本の文化である事が当地ではよく理解出来ます。

競技は年々工夫が凝らされており、新しい競技が登場します。今年は「移動玉入れ」なる競技がありました。父母・会員向けの競技も色々工夫されています。以前は参加を呼び掛けても少ない場合が多かったのですが、今年は声を掛けますと多くの方が参加されました。

07-asu-undoukai-001.jpg

07-asu-undoukai-002.jpg

07-asu-undoukai-003.jpg




人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)





学校は今年から高等部を設置しました。中学までですと基本的な読み書きのレベルで留まり、一般教養を含めてより高度な教育を施す必要性を感じ、高等部が開講されました。当面は土曜日のみの授業となります。担当講師は静岡県で長年、生物の教師を務めて来たベテランの先生である伊藤先生にお願いしました。

伊藤先生は外国に住むのも日本語を教えるのも始めてですが、そこはプロの先生、、巧みに冗談を交えながら生徒の注意を引き付けて講義をされています。初年度は十数名の生徒が居るのだそうですが、ほとんどが女子というのは少々残念な気がします。男子諸君の奮起を期待します。
2007-gakkou-002.jpg




2007-gakkou-001.jpg




人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)



12月17日(日)、本年の卒業式と終業式が行なわれました。今年は中学3年生の生徒が多く、中学では20名の卒業となりました。本年度のカリキュラムはこれで終了、明日から中学生はブラジルに修学旅行に行く事になっています。

この日はかなりの暑さであり、体育館の中は蒸し風呂状態、皆さん汗を流しながら式典に参加していました。パラグアイでは夏場の行事は大変です。


2006-asu-sotsugyo-004.jpg

2006-asu-sotsugyo-005.jpg

2006-asu-sotsugyo-003.jpg




人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)


アスンシオン日本語学校では運動会、修学旅行、スピーチコンテスト等年間を通じて色々な行事が行なわれます。10月に行なわれるのが総合発表会並びに敬老祝賀会です。

学校の父兄そして日本人会の皆さんと共にこの日は敬老会を兼ね、70歳以上の年配の皆様を招待して開催されます。アスンシオン日本人会で70歳以上の方は100人に上るそうです。当地の日系社会にも高齢化の波が押し寄せているようですね。

下記の写真は中学生が行なったソーラン節です。最近のソーラン節はかなりモダンになっていますね。

gakushu-001.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)




少年野球は毎週日曜日に練習を行なっています。野球を見た事もやった事も無い少年達にルールから教えるのは大変な事であると思います。

当地では野球をするのは日本人だけで、日本のスポーツのように見られています。父母もより効率的な練習になるよう支援しています。

2006-10-yakyuu.jpg


2006-10-yakyuu-002.jpg



人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)
移住当初から日本人・日系人に人気のあるスポーツとして親しまれて来たのが野球です。以前は男の子は全員野球をするのが当たり前であったそうですが、子供の数が減りかつサッカー等他のスポーツに人気が移りアスンシオンでは数年前には少年野球は参加する少年の数がめっきりと減り危機的な状況にあったそうです。その昔、ヤクルト・スワローズのエースとして活躍した岡林投手を擁した時代はパラグアイのチームはかなり強かったそうですがその時代の野球熱を取り戻そうと数年前から少年野球復活に取り組み、参加する子供も増えて来て現在では15歳以下の少年チームに加え、12歳以下の小学生チームが全国大会に参加出来るまで回復したそうです。

この日は初心者要するに二軍の練習を見ていました。とにかく大変なのは野球を知らない、見た事も無いという子供達に野球の基礎を教える事です。初心者はボールを投げた事が無いので、ボールの握り方、投げ方から指導しなければならないのです。ボールは軟式を使用しています。軟式野球というのは日本発祥のもので、ボールも全て日本から持ち込んでいるのだそうです。硬式ですと硬く怪我も多いのですが、軟式はゴムで出来ているボールなので柔らかく当たっても余り痛くないので子供向きと言えます。

yakyuu-001.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)

本日9月 8日(金)、イタグアに在るセントロ日系にてパラグアイ日本人移住70周年記念祭典を執り行いました。前日までの天気予報は余り芳しくは無かったのですが、大きな崩れも無くうす曇の天気で何とか天気は持ちました。

各移住地からの参加者もあり、会場には千人を超す人が集まりました。パラグアイ共和国・ニカノル・ドゥアルテ大領領閣下、日本政府からは外務大臣政務官山中子衆議院議員が出席されました。

盛大かつ厳かな雰囲気の中、祭典は進み、午後は各地区からのアトラクションそして最後は荒馬座の公演で締め括りとなりました。非常にすばらしい祭典、充実した一日を過ごす事が出来ました。



70nen-002.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)

広内シニア・ボランティアを中心に70周年記念誌が編纂されています。壁には現在の内容の各ページが貼られており壮観です。

写真は在パラグアイ日本商工会議所のメンバーとの打ち合わせです。

70nen-001.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)


日本人会所有のビジャエリサにあるグラウンドのキンチョ改築落成式典が開催されました。

2006-blo-nihonjin-001.jpg



2006-blo-nihonjin-0021.jpg


人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。