パラグアイに行こう・ブログ

パラグアイに行こうのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近クラウン・プラザホテルの昼食バイキングが人気です。場所は地上階に在るメインレストランです。高級感があり、ビジネス客によく利用されています。後ろに駐車場があり、安心であり、セントロ地区で食事をされる場合にはお勧めです。

毎日行なっているそうで、値段は44、000グアラニ(デザート込み)、飲み物を入れて大体5万グアラニ程度、大体日本円にして千円強です。他のレストランと比較してそれほど高いという訳ではなく、味も良いので人気です。

この日の料理はトマト味の牛肉料理、ブロチェと呼ばれる串焼き、魚のグリル、パスタ、赤カブの煮込み、アスパラグアスのスープなどです。バリエーションが多くどれも味が良く、またレストランの人が全ての料理を管理しているので、料理の状態が何時も綺麗です。

07-blog-crown-hiru-001.jpg

(写真:昼食の様子)



07-blog-crown-hiru-002.jpg

(写真:牛肉のトマト煮込みナポリ風)

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay-001.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)





スポンサーサイト
よく昼ごはんとして韓国食堂に行きます。何を食べるのか、長い間通っていますと意外に選択の幅が少ない事に気が付きました。韓国の食事を一人で行きますと大体がスープを食べる事になります。スープの種類と言いますと韓国版・味噌汁のティンジャンチゲ、キムチ味のキムチチゲ、豆腐が主体のソンデブ、辛いスープのユッケジャンそしてソルノンタンくらいしかありません。材料も違えば手間も違うのですが、何故か韓国食堂は定額どれを食べても同じ値段という食堂が多いのです。日本食ですと例えば立ち食いのうどんでもメニューの場流エーションは大変なものです。素うどん、たぬきうどん、きつねうどん、天婦羅うどん、天玉うどん、それぞれの大盛りとテンカス、揚げ、卵、天婦羅だけの材料でメニューは沢山になります。値段も中に入れるものが多くなると高くなる仕組みでこれが当然であると思っていました。韓国はこれに対して定食は幾らという形式が多いのです。食堂によりますと値段が書いていない所もあります。馴染みになりますと値段が分かっているので必要ないのでしょう。よく行くペルー通りに面しているチョンギワという食堂、開店するとずっと営業しているので午後の中途半端な時間、午後3時頃によく利用します。ここの定食は現在は2万グアラニ、約400円です。15,000グアラニで食べ放題という店もありますので、少々割高な印象はありますが味は確かで気に入っています。

以前はよくユッケジャンを注文していました。具が多く中身たっぷりで同じ料金を払うのであれば得と考えていたからです。しかしながら毎回こればかりですと飽きて来ます。次に凝ったのが豆腐のソンヅブです、健康的で良いのですが、今ひとつパンチ不足です。次にティンジャンチゲをよく食べていました。味噌汁韓国版ですが、日本とは違いこれがメインデッシュです。もう一つの違いは熱い入れ物に沸騰させて出て来ます。名古屋の味噌煮込みうどん的な発想です。しかしながら味噌汁がメインというのもピンと来ません。最近はソルノンタンを好んで食べています。ソルノンタンは漢字で書きますと雪濃湯となります。雪のように白い濃厚なスープという意味でしょう。中身は白濁したスープに肉が少々、多くの場合日本でホルモンと呼ばれるモツが入っています。そして麺が少々、これは店によって入っている麺の種類は異なります。そして上に刻み葱が入ります。出てくる時には沸騰してぐつぐつとした状態で出て来ます。今まで敬遠していたのは中身が少ない事と味が無いのです。味はお好みで付けるのがこの料理のルールのようで、塩も何も入っていません。大体の場合には塩と胡椒、そしてコチジャンという唐辛子の練ったものが添えられて来ます。これを自分の好みで味を付けて食べるのです。

見た目は非常にシンプルで味も無いというので今まで余り注文しませんでしたが、これは逆に色々な味を楽しめるものであると気が付いたのです。最初は何も入れないでスープを啜ります。沸騰して出て来るくらいなので、とにかく熱く濃厚なスープが口に広がります。味付けが何も為されていませんので、スープそれ自体の味を楽しめます。その後に少し塩を加えます。調理する段階で塩を入れて煮るのと、少し塩を加えて食べるのとこれ程違うとは知りませんでした。何と言いますか「塩が乾いている」のです。スープと一体になり切っていない微妙な塩味を楽しむ事が出来ます。そして次に少々胡椒を入れます。風味が全く変わります。半分くらいになりますと塩を少し増やし、その上にコチジャンを入れてかき混ぜます。そしてそこにご飯を加えるとこれまた全く別の料理です。少しづつ量を加え味を調節しながらいただきます。このように食べますと「今日はこうやってみよう」と食べる前から楽しみになります。例えば塩を加えずに最初からコチジャンを入れるとか色々と試せます。韓国人がこのようにして食べているのかどうか分かりませんが、一番味を楽しめる料理であり、癖も無いので飽きない料理であると気が付きました。あっさりしていますので、お昼にはぴったりですね。


blog-solonontan-002.jpg

(写真:ソルノンタン定食:2万グアラニ)

blog-solonontan-001.jpg

(写真:沸騰して登場ソルノンタン)

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。