パラグアイに行こう・ブログ

パラグアイに行こうのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
パラグアイで生活をしていて生活レベルの高い人はパーティーが大好きで豪邸に住み大きな自動車に乗り豪華な生活をしています。バカンスはマイアミにというのが富裕層の人の感覚です。何でも全てが米国が理想、留学も出来れば米国の大学に行きたいと考えている人が多いのは確かです。何故なのか余り理解出来なかったのですが、あるパラグアイ生まれの人からこれは「パラグアイ人はハリウッド映画の生活を理想としているからだ」というのです。日本など自国で映画やドラマを制作している国ではテレビや映画等に出て来る生活は現実離れしている場合が多く、実際に日常というのは映画のようでは無く地味で同じような毎日の繰り返しで在る事を理解しているものですが、パラグアイでは自国でドラマや映画がほとんど制作されず、たまに出て来てもマーケットに住む貧困層が主人公というようなもので憧れを抱くような世界を描いてはいません。

パラグアイの富裕層はハリウッドの映画を見て育ち楽しく、明るく、豪華なアメリカンライフに憧れを抱くようになり、映画の中の世界を実現する事に意欲的であるというのです。確かに米国の一部の富裕層そして映画俳優、スポーツ選手などは高額な所得を得てビバリーヒルズなどに住み豪華なパーティーを頻繁に開催するような暮らしをしているのかも知れませんが、多分大多数の米国人は多くの日本人と同様に質素に同じような毎日が続く日常が続く暮らしていると思いますがそこは余り理解していないようなのです。言われてみますとパラグアイ富裕層のパーティーは映画のようで、豪華なものになりますと映画を超えるとと感じる事もあります。豪華なパーティーを行って休暇は豪華なクルーザーで楽しんでいるという生活を理想としているようなのでしょう、従ってパラグアイ人のフェイスブックはパーティーの様子で溢れています。

米国で暮らしたい、米国の大学に行きたいと言っているのもハリウッド映画の中の世界で暮らせると考えているからのようです。実際に行きますと想像とはかなり異なる現実にぶつかりますが見えっ張りな多くのパラグアイ人は自国に留まっている友人達には如何に映画のようなアメリカンライフを楽しんでいるかという情報を発信し、なかなか実際の生活が見えて来ないというのです。しかしながら先進国に憧れている、米国に劣等感を持っているのでは無いと思います。日本において戦後テレビで米国のホームドラマを見て日本人はその豊かなライフスタイルに驚き自分達の生活水準を引き上げる事に熱心であったようにもっと単純にアメリカンライフを実践しようとしているのだと思います。

大きな問題としては欧州や日本が理解されていないことが挙げられます。パラグアイのテレビでは米国の映画・ドラマが中心で欧州や日本の情報はほとんどありません。日本に関してはハリウッドの映画に出て来る珍奇で変な国という印象しかないでしょうし、欧州ですら米国の欧州観、例えば英仏独などは古臭くて気難しい人達というイメージが固定している事です。パラグアイでは教育が重要と叫ばれていますが世界に関して実態をしっかりと教えて行く事は難しいでしょうが大切な事で在ると思います。

パラグアイについて考える

america-002.jpg
>




america-001.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。