パラグアイに行こう・ブログ

パラグアイに行こうのブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ピラール市は東パラグアイの南西端に位置しているニェエブク県の県庁・中心都市です。パラグアイ河に面していて、対岸はアルゼンチン領となっています。パラグアイで主な都市を挙げると必ず名前が出て来る街で、パラグアイに住んでいる者であれば誰もが知っているのですが、意外に訪問した人は多くありません。訪問した事がある人に「どんな所?」と尋ねますと「静かで良い街」との答えが返って来ますが実際に訪問するまではイマイチ具体的なイメージが湧きませんでした。

人口は広い県全体でようやく8万人程度、ピラールだけですと現在の人口は3万人弱(2002年で28,000人)だと思います。パラグアイの他の都市と比較して人口の伸びは非常にゆるやかなようです。この街の人に理由を尋ねますと「仕事が無いので一度アスンシオンやアルゼンチンに行くと戻って来ない」からだそうです。若者を中心に社会的人口流失は進み、ほとんど引っ越してやって来る人が居ないのが実情のようです。隣の県であるイタプア県の県庁エンカルナシオン市は欧州・日本などからの移住者が多数住んでいますが、このピラールは対照的に昔からこの街に住んでいる人の町、要するに「パラグアイ人の町」と言えます。かなり古くから代々住んでいる人ばかりでよそ者がほとんど居ないのが特徴、アジア系の住民も数人なのだそうで、日本人が珍しいようで街を歩きますと多くの人から注目を集めます。「自分は外国人」という事はアスンシオン市を歩いていて意識する事はありませんが、ここでは異邦人の気分になります。

ピラールの名前は要塞の支柱というような事から来ているようです。この街は1779年ポルトガル人のペドロ・メロによって創設されたもので、最初はポルトガル人の要塞であったようです。確かに大河ラプラタ河がパラグアイ河とパラナ河に分かれてパラグアイ河を少し遡った地点であり、守備の要であったのでしょう。

現在、アスンシオン市からピラール市に行く場合にはエンカルナシオン市へ向かう国道一号線を230キロ、ミシオネス県の中心都市でああるサン・イグナシオまで行き、そこから4号線に入り130キロほど行きます。この国道は長い間舗装されておらず、全線が舗装されたのは今から8年くらい、ワスモシ大統領の頃なのだそうです。現在はほとんど自動車が通らず、割合に平坦な道がピラールに向かってほぼ直線的にあります。サン・イグナシオからしばらくミシオネス県内はほとんど牧場で、更にニェエブク県に入りますと湿地帯と潅木が広がっています。

ピラール市は外界、他のパラグアイの地域から隔絶されているような状況にあり、地元の人の話では「ピラール共和国」と揶揄しているそうです。顔見知りばかりという事もあり、治安はパラグアイの中でも最良との事で自動車の盗難などは聞いた事がないそうです。自動車は窓を開けて鍵を付けたままで駐車しているものもあり、非常に治安が良いと実感しました。のんびりと過ごすには最適な場所かも知れません。昔のパラグアイは全土がこのようなおおらかな雰囲気であったのでしょう。

特に有名な観光地はありませんが、のんびり過ごすには最適な場所かも知れません。袋小路のようになっていますので、通り抜ける人も多くなく、バックパッカーも少ないようです。ただパラグアイ河・対岸のアルゼンチン領の町との間で「渡し舟」があるそうです。この町でのんびりと過ごし、田舎の渡しでアルゼンチンに渡る・・日本の若者の皆さん、そんなノスタルジックな旅をしてみては如何でしょうか?パラグアイの本当の良さを体験出来ると思います。


06-PILAR-001.jpg



06-PILAR-002.jpg



人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

paraguay.gif
パラグアイに行こう・ウェッブサイト(本家)






スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.12.13 03:00  | # [ 編集 ]

ピラール(Pilar)とは、スペイン語で、’要塞などの支柱’という意味だったんですか!

私はアメリカのカリフォルニア州に住んでいます。カリフォルニアはメキシコ領だったこともあり、あっちこっちにスペイン語の地名があります。

私の住所の通りの名は、El Pilar といい、何ていう意味なのかなぁと思っていました。
日本語に翻訳すると’支柱通り’という名前なんですね。Pilar の意味が分かって嬉しいです。

2011.01.12 04:27 URL | よっちゃん #5Lf1djxk [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tanakapy02.blog35.fc2.com/tb.php/106-b12eab8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。